バランス整体ホリステック療法について

P.B.S-1600

070-3548-4491

〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島2-1-25堂島アーバンライフ507

【営業時間】月~土10:00~22:00(最終受付21:00) 日10:00~20:00(最終受付19:00)

バランス整体、ホリスティック療法について

バランス整体ホリステック療法について

バランス整体について

バランス整体とは

img_1469
im_check

バランス整体のさまざまな反射

内臓⇒運動の反射

内臓からの感じた衝動が、対応する骨格筋群が縮んだり、硬くなったりする。これが要するにコリの原因と言われ、内臓疾患による筋性防御である。
これらは、インパルスが伝えられた皮膚分節に対応して、分節的に表れるが、インパルスが大き過ぎるとその分節にとどまらず、別の分節にも広がって現れる。内臓の炎症や過度の伸びや腫れ、虚血などにより、激しい腹痛が起きると無意識に腹筋を緊張させ、さらに腹部を抑えたり体を折り曲げてその痛みをこらえようとします。
筋肉が硬くなるのは一時的なものですが、慢性の病変などにより、長期化すると筋肉は変性や萎縮を伴います。腹筋や脚を曲げる筋肉が反射的に縮まる。

内臓⇒知覚の反射

内臓からの異常な刺激により、通常なら疼痛とはならない箇所の皮膚に刺激を与えると過敏に反応する。疼痛や不快な感覚がある。
内臓からの自律神経求心路と同じ脊髄分節に入る体性神経が分布する皮膚や筋肉に生じる痛み。

内臓⇒栄養反射

①と②は、主に急性疾患である。それに対して③は、長期化・慢性する事によって、必要な血液が供給されず、関連する筋肉が栄養不足に陥った状態をさす。
関連する神経支配下のデルマトーム、ミオトームに変性萎縮が現れる事が多い。胃や心臓の疲れにより、背中の筋肉がやせ細ってきたりする現象。

内臓⇒自律系反射

汗腺、皮脂腺、立毛筋や末梢血管系に投影する反射。内臓の疲れなどによる反射から、急に汗をかいたり、鳥肌が立ったりする。

内臓⇒内臓反射

とある内臓からのインパルスが、他の内臓に投影する場合。胃から結腸や大動脈や首の動脈洞、そして吐き気などは、迷走神経求心路によるものである。

ホリスティック療法とは?

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%aa%e2%91%a2

言葉を喋らず「対話」する方法 AR

フィシオエナジェティックは、ホリスティックな身体評価方法です。
身体のアンバランスの原因を探すために、「腕の長さ」の検査によって「身体の反射」を調べてゆくのです。この反応は、セラピストと患者さんの身体のすべてのレベル(身体、生体化学物質、精神心理、情報伝達)との直接の対話を可能にしてくれます。

仰向けになり、ニュートラルな状態では両腕は同じ長さになっています。
身体へ質問をなげかけるためには、ある刺激 (や条件)を与えてみます。
その刺激を身体が受け付けない(NOの答え)なら、その反応として、すぐに両腕に長さの変化が現れます。腕の長さが違ってくる反応は、全身に繋がっている筋肉 連鎖が、ストレスに対して緊張反応として現れた状態です。個別に、1つ1つの筋肉をテストをするのではなく、全身の筋肉、すなわち全身からの答えを得ながら進められます。

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%aa%e2%91%a3

身体の4つのレベルの中でどの部分の何を優先的にすべきか

「治療の優先順位」の識別とは、いいかえると「どのレベルをまず先に治療すべきか?」を割り出すということです。?メインになる評価レベルは?
■身体構造(筋骨格)レベル

■精神(心理的な要因)レベル
■インフォメーションシステム(情報)レベル
■生体化学物質の代謝レベル
(これ以外にも沢山ありますが、
この4つは大きな基本になります)

hiranoku_y-k_r
nadaku_u-i_r
kasugacho_y-t_r
shomotocho_t-h_r
suitashi_h-m_r
suminoeku_k-k_r
yamatogun_n-a_r
yodogaawaku_s-h_r
yodogawaku_t-h_r
ashiya_s-f_r
img_1721
img_8694

お問い合わせはコチラ

〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島2-1-25堂島アーバンライフ507
【営業時間】月~土10:00~22:00(最終受付21:00)
        日10:00~20:00(最終受付19:00)
【定休日】・祝日

070-3548-4491

img_cb

大阪・P.B.S-1600のマンツーマンの加圧トレーニング。

大阪梅田・P.B.S-1600の加圧トレーニングは、ダイエットや筋力トレーニング初心者や、体力に自信がない方でもマンツーマンで常にサポートの中でトレーニングを行うので安心・安全です。
肩こり、腰痛、背中の痛みの原因は単純な背中の筋肉疲労によるもの背中や背骨のケガ日常生活における姿勢からくるゆがみ胃、肺、肝臓などの内臓の反射による痛みなど実に様々なものがあります。
バランス整体において独自に研究開発した治療理論や手技で、ほとんどの体のケアに対応することが可能となっています。
また、スポーツ選手の実力が発揮できるかどうかはすごくメンタルが影響しております。
P.B.S-1600のメンタルケアで、一流選手のサポートを行なっていきます。

TOP